未成年者への酒類の販売はいたしません。お酒は20歳になってから。

© 2017 by Blue Belle Corporation. All Rights reserved

February 16, 2020

えーっと、ピノ・ノワールは皮が薄くて、気難しく、早熟なんです。

どこでも育つような、そうですね...放っておかれても大丈夫な..カベルネみたいに逆境に強いものじゃなくて。ピノはつきっきりで世話をする必要があるんです、わかります?

そして実際、ある特定の小さな、世界の隠れた一角でのみ育つもので、本当に忍耐強い、力のある生産者だけが育成できるものなんです。

ピノの可能性を理解するために膨大な時間を費やす人だけが、その特徴を最大限に引き出すことができます。

そして、そう...そのフレーヴァーは地球上で最も忘れられない、華やかで、スリリングで繊細な...

January 26, 2020

「ピノ・ノワール」はワインに精通したい、プロが何を飲んでいるか知りたい人達にとって

流行り言葉なのよ。

- Amy Racine - (ソムリエ)

Photo: 1994 Laurel Hood Pinot Noir (1st vintage) from the private cellar 

January 19, 2020

粗読、精読、耽読、立読、寝読 ... 読書にはいろいろなスタイルがあると思いますが、ピノ・ノワールをパートナーにした共読ほど、贅沢な読書はないでしょう。
文章が香り立ち、艶めく感覚、著者との対話も進みます。真冬の寒さ沁みる一日、暖かい部屋にこもって本とピノが共鳴する魅力に耽溺するのは人生の醍醐味かもしれません。

December 8, 2019

お金があってもピノ・ノワールがない時を乗り越えるより、ピノ・ノワールがあって

お金のない時を乗り越える方がずっと容易い。

- 作者不詳 -

October 27, 2019

ヨーロッパで誰かが話題に上るにつれ、ブルゴーニュがピノ・ノワールのスタンダードだと考えるようになった私にとって、デイヴィッドはピノ・ノワールそのものだった。

彼は、ある雑誌ではとても人気の高い、また残念なことに非常に多くの消費者が好む

"シラー擬き”の葡萄ではなく、極めて優美なワインを造るための葡萄を欲している生産者を

支えるスタンダードだった。

1998年に飲んだ ”1983アイリーリザーブ” は、今まで味わった中で最も素晴らしいオレゴン

ピノ・ノワールとして私の舌に記憶されている。"1985リザーブ" も引けを取らなかった。

「オレゴンのピ...

May 25, 2019

多くの若いピノ・ノワールは、理解なき人の評価に苦しむ。

簡単に言えば、熟成のポテンシャルのないフルーティなだけのピノ・ノワールがゴールドメダルに輝き、それよりも断然素晴らしいワインであるにもかかわらず、若すぎてまだ本領を発揮できないピノ・ノワールがシルバーやブロンズだったりすることがある。

ボトル熟成の時間を少し与えられれば、ゴールドメダルを取ったワインより段違いに素晴らしくなるのに。

- Anonymous -

Photo: Dancing girl in Paris

April 14, 2019

ごく手短に言うと、我々みんながここにいる理由はデイヴィッド レットなんだよ。

彼の大胆さ、強い信念やヴィジョンがなければ、オレゴンピノ・ノワールの状況は

今とは根本的に違ったものになっていただろう。
ディヴィッドは、個人的にもいつも我々が正しい道にいるという自信を与えてくれたんだ

−エレガンス、フィネス、ニュアンスが、ピノ・ノワールの核心だってことをね−

そして我々は、常にそれに忠実であるために努力すべきなんだ。

- Scott Wright, Scott Paul Wines (Carlton) -

March 17, 2019

ピノノワールの生産者がきちんと造ったピノノワールは、ゴージャスなアロマ、シルキーな

テクスチャー、生き生きとした酸、そしてしなやかなタンニンを兼ね備えているものよ。

気に入らないわけはないわね?

- Natasha Hughes, MW Master of Wine -

December 10, 2017

ピノノワールは熟成してもフレッシュさが感じられ、かつ厚みとコクがなければならない、

しかし同時に控えめでしなやかで、穏やかであるべきだ。確かな定義が必要なワインである。

- Henri Jayer アンリ ジャイエ - (ワイン生産者)

September 24, 2017

ピノノワールはまるでガラスのコーヒーテーブルのようなもの。

その上に手を付け始めたら、指紋を残すことになる...手を加えるとすぐわかってしまうんだ。

- J. Dragonette - (米国ワイン生産者)

Photo: "Tree of Life" - Laurel Hood Vineyard -

Please reload

January 5, 2020

December 29, 2019

December 22, 2019

Please reload

最新記事
アーカイブ