September 2, 2018

Big Table Farm10周年を記念して昨年発行されたClareの画集。

予約取り置きしてもらっていたものを前回訪問時にピックアップしてきました。

200部のみの手刷り限定版、10年間にBrianとClareがリリースしたすべてのワインラベル画に

それぞれのワインのメモリーが添えられた美しく質感のあるページが20数枚。

お馴染みのWillamette Valley Pinot Noir の豚シリーズ をはじめ、農作機やきのこ、牛、蜂や花々などFarmの日常をモチーフにした何とも味のあるラベルアート、Clareの描く1枚1枚に

うっとり...

August 13, 2017

一瓶一瓶、丁寧にラベルを手貼りしていくローレル。

オレゴンピノノワール伝説のデイヴィッドレットの一番弟子Laurel Hood 

ローレルフッドの2015 ピノノワールがこの冬日本に初上陸します。

ピュアで深みのあるシルキーな正統派ピノノワール、お楽しみに!

July 23, 2017

これがワイン生産者の手だよと

差し出されたセスの無骨な手。

Morgen Long はBlu Boutique Wineの取り扱うワイナリーの中でも、

極端に生産量の少ない生産者、まさに職人気質のマイクロブティックです。

葡萄の樹の剪定、収穫、選果、醸造そして

ハンドボトリングまで、この手で造り上げるこだわりのワイン。

僅か70ケースのオレゴンシャルドネが今ワインコレクターたちを唸らせています。

August 10, 2016

Laurelのバックヤードで試飲を兼ねてBBQ、デザートは野生のベリーとアップルソース。

太陽と風と土、植物に飛び回る蜂、鳥の声だけが響き渡るヴィンヤード、世の中から遠く離れた別世界はとてもシンプルです。Laurelが言うように私たちにも葡萄の声が聞こえてくるかもしれません。

August 5, 2016

2012Willamette Pinot Noirがワインスペクテーター2015 選出100本の11位に入ったこともあり、Oregonのみならず米国各地で人気がうなぎ登りのBig Table Farm。Clareの描くラベルも人気に一役かってます。

来春には今までリリースされたワインのエチケット(ラベル)を中心にコレクション本も出版するとのこと。次回リリースのエチケットがどんな絵柄になるのか今から楽しみです。(Willamette Pinot Noir用のエチケットはこっそり見せてもらいました!)

August 5, 2016

Blu Boutique Wineをご支援いただいている皆様にはもうお馴染みのLaurel、そうOregonにPinot Noirを最初に植樹した伝説の故David Lett (Eylie Vinyard) の一番弟子です。今日は彼女の畑で葡萄の葉取り作業のお手伝い。葡萄に朝日が当たるよう、また葉の間に空気が入るように葡萄の周りの余計な葉をカットしていきます。一列でも結構な作業なのに…5000本の樹をほぼ一人で毎日世話している彼女には本当に頭が下がります。

August 4, 2016

Anne Hubatchといえば、ローカルでは筆頭に挙がる新進気鋭の女性醸造家。最近ではSan Francisco International Wine Competitionで彼女の2015 Willamette Valley Pinot Blancがゴールドメダル、2014 Willamette Valley Pinot Noirがブロンズメダルを獲得しています。ちなみにこのコンペティションは米国最大と言われ、20カ国、米国29州から5000本近くのワインが寄せられ競われるものです。Anneのワインも今秋入荷予定です!

August 4, 2016

Mad VioletsのKellyとStirlingの Chehalem Mountain (AVA) Buttonfield にある自宅兼オフィスを訪問。目の前には見渡す限り豊かな葡萄畑、巨大チベット犬"マステフ"がお出迎。

今やここOregonでも他の生産者から葡萄を購入してワインを造るネゴシアンタイプの醸造家が増えていますが、彼らはベストクオリティを保つため、労力とコストを惜しまず自社畑で葡萄育成し、醸造、ボトリングまで一貫したワイン造りを続けています。今回買付したChardonnay とPinot Noirも素晴らしい出来栄え...

Please reload

July 7, 2020

June 29, 2020

June 22, 2020

June 14, 2020

June 8, 2020

May 31, 2020

May 24, 2020

May 18, 2020

May 10, 2020

Please reload

最新記事
アーカイブ