未成年者への酒類の販売はいたしません。お酒は20歳になってから。

© 2017 by Blue Belle Corporation. All Rights reserved

September 15, 2019

オレゴンではそろそろ収穫が始まろうとしているこの時期、南半球では眠りから覚めた樹々が発芽の兆し。

葡萄の樹の向こうにオリーブの樹が見えますが、ニュージーランド ワイヘケ島では

オリーブも栽培しているヴィンヤードが多く、まさに地中海式。

クオリティの高いオーガニックオリーブオイルは特産にもなっています。

葡萄の樹とオリーブの樹がテロワールを共にし、隣合わせに並んでいる様子はとても興味深いですね。

May 12, 2019

最後に風の音を聞いたのはいつだった?

最後に鳥の囀りを聞いたのはいつだった?

最後に葡萄の樹が話すのを聞いたのはいつだった?

最後に自分の心の声に耳を傾けたのはいつだった?

人生はとても貴重なもの。

時には立ち止まって、聴いてごらん、クリス。

貴方は大丈夫。

- Laurel Hood -

April 29, 2019

皆さま良いGWをお過ごしのことと思います。

私は普段なかなか出来ない家の大掃除に明け暮れています。
埋もれていた宝なども見つかったりするんですが、昨日出てきたのはこれ。
令和、平成からほど遠い昭和の香り漂う一枚。


実はその昔、祖父が山梨県甲府にブドウ畑を一山所有していて、季節になると

ブドウは食べ放題。もちろん、品種は日本古来種の甲州。

商売ではなく、人に差し上げて喜んでもらうために趣味で作っていた祖父。

小さい頃からブドウがあれば幸せという私の血は、

ワインならぬこの祖父のブドウで出来てるのかも...と思った次第。

July 22, 2018

朝、軽やかな鳥の声で目を覚まし、6時には

パティスリーに焼きたてクロワッサンを買いに...

(フランスのパン屋さんはどこも早くから開いてますね...)

朝食後は白鳥とともにゆったりと船を走らせ、水門を経て

午後には次の停泊場所に上陸し、小さな村を散策。

夕刻にはいつ暮れるともない美しい夕暮れを

眺めながら、素晴らしいワインと地場の食材で最高のひと時を過ごす。

こんな毎日が7日間、ソーヌ川沿いの素晴らしい自然、

豊かな食と人々の懐の深さを堪能したカナルクルーズでした。

来年も実施が予定されていますので

アウトドア派の方のみならず、フランスの穏やかな田舎や

...

July 15, 2018

クルーズ途中、停泊場所のSaoneからタクシーで20分、ボーヌのBouchard Pere & Fils(ブシャール ペール エ フィス)を訪問。

1731年創業の ファブリック業者ブシャールはほどなくワイン業を開始、一時期衰退の危機があったものの見事に復活。

現在も1er Cru (プルミエクリュ)Grand Cru(グランクリュ)を含む約130haの畑を所有、

ボーヌの最も古いワインメーカー、ドメーヌの一つとして知られています。

1820年に購入したボーヌ城(15世紀ルイ11世建造)の地下 は今でも天然のセラー、熟成庫として使われており...

July 8, 2018

Windvalley Sailing School の主催するカナルクルーズにワイン担当として

Chrisと共に添乗しています。

Paris からTVGと在来線を乗り継ぎ約3時間のところにあるChalon sur Saoneを起点とし、

St Jean de Losneまで、ソーヌ川約100kmを1週間かけてクルージングするコース。

操船トレーニングを受けながら、のんびりとブルゴーニュの美しい景観、

地元の食やワインを楽しむことができ一石三鳥という感じです。

ボートは8名乗り、2名ずつの個室が4部屋、キッチンやリビングもついていて

なかなか快適。

...

June 10, 2018

Blu Boutique Wine クラブメンバーでもあり、

ワインコレクターでもあるT氏のプライベートワイン会、

今回は垂涎のパルメ垂直ということで、何日も前から期待は最高潮。

まずは、

Pol Roger Extra Cuvee de Reserve (ジェロボアム)

で乾杯。泡物に弱い私でも、素晴らしいキレとコクに微笑んでしまいます。

そして、いきなり

Château La Mission Haut Brion Blanc 2011

M. Chapoutier Ermitage L'Ermite 2001 (Blanc)

が出てきた辺りですでに...

September 17, 2017

Parisからの帰国便 Air Franceで、何の気なしに観たフランス映画

"Back to Burgundy" 、ブルゴーニュのドメーヌを舞台にした

美しい原風景に魅せられました。

3兄弟の長兄Jeanが、父病気の知らせを受けて

10年ぶりに故郷のブルゴーニュに戻るところから始まる家族物語。

ほどなく父は他界し、3兄弟(Jean, Juliette, Jeremie)それぞれの人生との葛藤、相続の重みを

乗り越えドメーヌを引き継いでいくストーリーですが、

幼い頃のフラッシュバックも含め

とにかく映像がシルキーで素晴らしかったです。

葡萄の状態と天...

July 2, 2017

Blu Boutique Wineのクラブメンバーでもあり、

長年のワインコレクターでもあるT氏のプライベートワイン会に

参加させていただきました。

今回はシャンパーニュ地方のスティルワイン

コトーシャンプノワ、有名シャンパンメーカーであるボランジェとエグリの造る

希少なピノノワールを飲み比べるとのことで、興味津々。

まずはシャンパン、コルボン ドートルフォア、ボランジェ、エグリ、

私は体質的に泡があまり飲めないので残念ですが...

それぞれの持つキレとコク、シャンパン好きにはたまらない美味しさでしょう。

Corbon Brut d'Autrefoi...

Please reload

November 3, 2019

Please reload

最新記事
アーカイブ