未成年者への酒類の販売はいたしません。お酒は20歳になってから。

© 2017 by Blue Belle Corporation. All Rights reserved

番外編2 Chardonnay for Osechi

January 3, 2017

あっという間に三箇日も終りに近づいていますね。

皆様素敵なお正月を過ごされたことと思います。

 

さて、今回はお正月ですので料理はせずに

酒盛りのみ...。

鮨名店、あざみ野 逸喜優の素晴らしいおせち料理に

こちらも秀逸な2本のシャルドネを合わせます。

 

"あざみ野 逸喜優 おせち

with/ Mad Violets Eola - Amity Hills Chardonnay 2014

and Big Table Farm - Willamette Valley Chardonnay 2014"

 

まずはMad Violetsからいきましょう。

シトラス、フローラル、ベーキングスパイスの複雑なニュアンスに

トロピカルフルーツの微かな香り。

丸みを帯びた柑橘系を思わせる素晴らしい酸にコクのある味わい。

開けたてはコハダ、まろやかになってきたところで

脂の乗ったエンガワ、ボタンエビを摘むと最高...

混じり気のない葡萄本来の酸が魚介の旨味を引き立て

幸せですね〜

スモーク銀鱈と控えめなオーク香がそこはかとなく混ざり合い

絶妙な調和を醸し出しています。

 

抜栓してあったBig Table Farmは

すでに白桃、若干の蜂蜜香を伴った複雑なニュアンスを放ち

口に含むと豊潤...しかしキレもばっちり。

んーこっちはからすみとか車海老クリーム煮とか

いっちゃおうかなあ、まさにブルゴーニュの上質を彷彿させる

テクスチャーと余韻が絡み合って...最高ですね。

 

おせちと共に2本のシャルドネの刻々と変化する香りと

味わいの相乗効果を堪能しました!

是非皆様も来年のおせち...いや、おせちまで待たずとも

和食、魚介の品々に合わせてお楽しみください!

 

<追書>

締めは

”佐賀牛ローストビーフ

with/ Mad Violets - Willamette Valley Pinot Noir 2013"

 

 

プラム、イチゴジャムや森の香のリッチで複雑なニュアンスに

軽快な酸と重厚なレイヤーをもつエレガントなピノノワールと

旨味全開の佐賀牛。

ピノがビーフの脂身を溶かすことで肉の旨味が際立ち

タンニンの余韻とビーフの余韻が重なり合う...

フィニッシュにふさわしい組み合わせとなりました。

 

Please reload

最新記事

November 3, 2019

September 15, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload