ピノ・ノワールとは(8)

粗読、精読、耽読、立読、寝読 ... 読書にはいろいろなスタイルがあると思いますが、ピノ・ノワールをパートナーにした共読ほど、贅沢な読書はないでしょう。 文章が香り立ち、艶めく感覚、著者との対話も進みます。真冬の寒さ沁みる一日、暖かい部屋にこもって本とピノが共鳴する魅力に耽溺するのは人生の醍醐味かもしれません。

最新記事
アーカイブ

未成年者への酒類の販売はいたしません。お酒は20歳になってから。

© 2016 Blue Belle Corporation. All Rights reserved