Chrisのアメリカワイン事情(2)

Another one bites the dust... また一社..

世界最大のワイン会社(アルコール飲料メーカー)の一つであるコンステレーション・ブランズが

オレゴン ウィラメットバレーのワイナリー "リンガ フランカ(Lingua Franca)" を買収しました。

ブランド、ワイナリー、ヴィンヤード、在庫を含めた買収価格は公開されていません。


リンガ フランカはマスターソムリエであるラリー・ストーン氏が設立したワイナリーですが、

トーマス・サブレ氏、フランス人コンサルタントのドミニク・ラフォン氏が率いるワインチームは

残留、ストーン氏はブランドアンバサダーとして活動するようです。


今回の買収は、コンステレーションにとってオレゴンへの初の進出となります。

同社のワイン/スピリッツ部門長 ロバート・ハンソン氏は

「我々のラインナップにハイグレードのピノ・ノワールとシャルドネのブランドを加えたいと考えていました。カリフォルニアとオレゴンを検討した結果、リンガ フランカチームとの話合いの中でシナジーが見出せ、

合意に至ったのです。」と語っています。


出典: Wine Spectator



最新記事
アーカイブ