Chrisのアメリカワイン事情(3)

グローバルなラグジュアリーブランドグループのワイン・スピリッツ部門がナパヴァレー、最近ではソノマコーストで50年近い歴史をもつ高級ワイン生産者 ジョセフ・フェルプス・ヴィンヤードを買収しました。

水曜日の発表によれば、モエ・ヘネシーは、ナパのボルドースタイルの赤として有名なインシグニア ブランドを含むジョセフ・フェルプスの資産を購入、その中にはナパヴァレーのヴィンヤード 9つ 429エーカー(174ヘクタール)、ソノマコースト フリーストーンワイナリー周辺の2つのヴィンヤード 99エーカー(40ヘクタール)が含まれているとのことです。尚、購入価格は公表されていません。


「1973年創業のジョセフ・フェルプスはナパヴァレーにおいて、シャンパーニュ地方におけるニコラス・ルイナート、ジョセフ・クリュッグ、クロード・モエのような存在。私たちは創業者の遺産とヴィジョンを尊重しつつ、この新しいハウスを発展させ続けていきます。」と、モエ・ヘネシーの会長兼CEOであるフィリップ・シャウス氏はニュースリリースの中で語っています。


出典:NB Business Journal



最新記事
アーカイブ