未成年者への酒類の販売はいたしません。お酒は20歳になってから。

© 2017 by Blue Belle Corporation. All Rights reserved

Summer of Riesling (#3)

September 22, 2016

 

ついに夏も終わってしまいましたね...Chrisです。

みなさん、素晴らしい夏を過ごされたと思います、海辺、山、高原、

ショッピングモール、お寺、教会、駅で...真実の愛見つかりましたか?

 

さて、Summer of Riesling 第3弾、今回は我々の愛するMad Violetsリースリングと

アジアンフードの組合わせに挑戦します。

Yes, チャイニーズフード! Ne Ho Ma! Gon Fey Fat Choi!!!! 

 

** 免責事項:僕としてはベストの"チャイニーズフード”を作りますが、本場の味かどうかは

  保証しません。

 

《1セット目》

2014 Mad Violets Riesling vs 焼き餃子

 

餃子はハンドメイド、マシンやAIは使ってませんよ、血と汗の結晶です。

豚肉とチャイブ...味噌もちょっと加えて...

底を焼き付け、さらに蒸す、完璧です。うーんいい香り、そそりますねえ。

タレはシンプルに醤油、お酢、チリソースをほんの少し。

 

さあ、いただきます。

一口噛むと...あちっ、肉汁で火傷しそう!

とにかく冷たいリースリングで流し込み...コメントどころではないです。

 

二口目、そろそろ食べられる温度になってますね。

素晴らしい旨みの肉汁が口の中に広がります。

味噌をちょっと入れたのがやっぱりよかった、いい味だしてます。

 

ここでリースリングを一口...

はちみつの香りと梨/青りんごの味が餃子を即座に包み込み、ああ..なんとも言えませんね。

深く深く...口の中で溶け合う旨み、素晴らしい、ハレルヤ。

 

結果:This is must try! 素晴らしいマリアージュ、でも火傷には気をつけて!

 

《2セット目》

2014 Mad Violets Riesling vs 麻婆豆腐 

 

麻婆豆腐にはタイチリペッパーと四川唐辛子を大量に投入。

なんだかロシアンルーレットっぽくなってきました、いつ何が出てくるか誰にもわからない!

 

いただきます!

汗が噴き出し、目がかすむ...

これってインドカレーで学んだんじゃないのかって?

いやー、ちょっと違いますね、これは純粋に辛いのみ。

 

OK、リースリングください〜!

輝く金色の液体が口いっぱいに広がると辛さは一瞬で落ち着き

リースリングのほのかな甘みとアジアンスパイスが素晴らしく調和し、うん最高です。

 

 

 

結果:エキサイティングなマリアージュ!This is must try!

 

*今日のレシピはこちらまで!お気軽にメールください info@bluboutiquewine.com

 

Please reload

最新記事

November 3, 2019

September 15, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload