未成年者への酒類の販売はいたしません。お酒は20歳になってから。

© 2017 by Blue Belle Corporation. All Rights reserved

番外編 Chardonnay for Holiday Season

December 23, 2016

メリークリスマス!Chrisです。

バンクーバーはここ何日か雪が降っていてとても綺麗なんですが

実はもう雪にはうんざり...。 

皆さんはクリスマスをどのようにお過ごしですか?

愛する人に暖かい気持ちを届けたいですよね、

お母さんに、気難しい隣の家の人に、奥さんに、ガールフレンドに、

それともお父さんに、隣の机のむっつりした奴に、旦那さんに、ボーイフレンドに?

いやいやキリがないね。

 

でもこの素晴らしい季節、僕はみんなに喜んでもらいたい!

って心から思います。

 

さて、今年最後の料理にとりかかりましょう。

今日は、Pinot Noirから少し外れて

来年Blu Boutique Wineで取り扱う予定の

素晴らしいシャルドネ、日本初上陸のMorgen Longのペアリング。

 

 

ポークコトレッタ(シュニッツェル 仔牛肉のカツレツ)

with/ Morgen Long Willamette Valley Chardonnay 2014

 

このレシピはChirs流 なので、おばあちゃんの正統派レシピ

ではありません。万が一上手くいかなかったら... Tough luck !

 

材料:オーガニックポークチョップ(厚さ1.5cm)、塩コショウ、パン粉、

   コーンミール、パルメザンチーズ、卵、バジル、レモン

 

1.  ポークチョップをのし棒で叩く

  早く火を通したい場合は薄くするのがベストです

2. たっぶりと塩コショウを振る

3. ボールにパン粉とコーンミールを半々になるように入れて混ぜる

 上質なコーンミールを使うこと、入れ歯を壊したくないでしょ

 大量のパルメザンチーズをすりつぶす...あなたの大好きなおばあちゃんが

 満足するより少し多めにボールに入れてよく混ぜる

4. 卵をかき混ぜる

5. step1: ポークチョップを卵に浸す

 step2: 3.で混ぜ合わせたパン粉/コーンミール/パルメザンチーズの衣を

    つける

6. 揚げ物の要領で少し多目のオリーブオイルをフライパンに入れ火にかける

7. 黄金色になるまでポークチョップを焼き揚げる

8. 淵にバジルとレモンを付け合わせる

 

これだけ!簡単でしょう?

 

さあ、シャルドネを開けましょう!

期待が高まるかなり複雑なニュアンスの香り...

金色の輝きは...ベッドルームのまどに差し込む暖かな太陽の光を思い出させます。

味わいはシトラス、レモンピール、天然の蜂蜜、ベーキングスパイス...

コクがありつつ、みずみずしさもしっかりあって

余韻が残り、残り...フィニッシュは非常に長いですね、素晴らしい。

 

 

チョップを合わせましょう。

サクサクした外側とジューシーな中身、完璧です!

シャルドネが脂身を切り倒し、溶かしながら

同時に表面のパルメザンチーズを際立たせる。

口の中でコレッタと完璧な調和をみせ...ああ、なんて美味しいんだ...

親友のJはすでに2枚目に取りかかってる...

 

ご家庭で是非お試しを!

(Oops ! バジルを付け合わせることすっかり忘れてた...)

Please reload

最新記事

November 3, 2019

September 15, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload